コウモリや鳩が引き起こすあらゆる被害

早急に対応を!コウモリ駆除や鳩駆除の必要性を考える

早めのコウモリ駆除で改善~コウモリや鳩が与える影響~

コウモリによるフン害やそこから派生する被害を放置すると、人の体や建物に様々な悪影響が及んでしまいます。被害が拡大してしまわないよう、早めに駆除を行なうようにしましょう。

コウモリによる被害

フン害
フン害は、コウモリに限らずあらゆる害獣が与える被害の典型例です。コウモリのフンは、お米のような形状をしており、排泄する量も他の害獣に比べ多めです。住処としている場所に住み着いているコウモリの数が多ければ多いほど当然フンの量も多くなります。
悪臭
コウモリによる悪臭被害は、主に排泄されたフンとコウモリ自体の獣臭から発せられます。このフンの臭いが別の害獣や害虫を引き寄せることもあります。
ダニの発生
コウモリの体にはダニが寄生していることが多く、それらはコウモリが住処とした場所にも潜んでいます。例えばコウモリが天井裏に住み着けば、天井裏に大量のダニが生息している、ということです。ダニが室内にまで来るようになると、人間やペットなどに飛びつき、容赦なく刺してきます。ダニに刺されると痒みや様々なアレルギー症状を引き起こします。
騒音
コウモリが家屋に住み着くようになると、その住処から騒音が発せられるようになります。具体的に言うとそれは羽音や鳴き声によるものなのですが、厄介なのはそれらが夜間帯に発生するということです。コウモリは夜行性の動物であるため、夕方頃から深夜にかけて活動します。そのため、騒音が聞こえるようになるのもその時間帯となってしまうのです。

コウモリについて


コウモリのフンによる影響で感染症が引き起こされることがあると聞いたのですが…
コウモリのフンには大量のばい菌や細菌がおり、それが飛散することによって感染症を発生してしまうことがあります。コウモリの場合、フンだけでなくコウモリの体自体にも感染症を引き起こす菌が付着していることがあるので、早めにコウモリ駆除を手がけるに越したことはありません。
住宅街や街中で見かけるコウモリは何というコウモリですか?
日本には30種類以上のコウモリが生息していると言われていますが、街中でよく見るコウモリはそのほとんどが「アブラコウモリ」という種類になります。体長は5cm前後、体重は10kgほどです。人間を襲うようなことはほとんどありませんが、人間の生活圏内に現れてはフン害や騒音などの被害を与えるという、とても厄介な存在です。
活動時期を教えてください
コウモリは主に夏から秋にかけて活動します。夜行性の動物であるため、この時期の夜間帯になると、住処となる場所を中心に頻繁に姿を見せます。寒い時期に入ると、冬眠期間に入るため暖かい場所でおとなしくなります。

コウモリの生態はこのような感じです。ただ、住処とする場所やそこでの生息数によって、被害状況も大きく変わってきます。コウモリ駆除の専門業者に依頼すれば、コウモリの習性を利用した効果的な方法で、徹底した駆除をやってくれるでしょう。

鳩駆除の必要性~即日対応の業者に依頼~

コウモリ同様、人間にあらゆる被害を与えてくる害獣がいます。それは鳩です。鳩は、コウモリと同じように体に多くの菌が付着しており、かつフンにも大量の菌がいます。鳩が住まいや住まいの周辺に現れるようになったら、即日対応をしている鳩駆除業者に依頼を出し、すぐに駆除をしてもらいましょう。

鳩の被害に悩んでいる人

しつこい鳩に悩まされています(30代/女性)

ベランダに鳩が住み着くようになり、それから洗濯物やベランダの地面に大量のフンを撒き散らかされるようになりました。洗濯物だけでなく、ベランダの衛生面や鳩たちの鳴き声で、毎日ストレスの溜まる生活を送っています。

即日対応ですぐに改善

作業員

鳩にしろコウモリにしろ、被害を大きくしないためにも即日対応の業者に相談して早急に駆除するようにしましょう。それだけであらゆる被害から自身や家族、ペットなどを守ることができます。

TOPボタン